“The human race is governed by its imagination.”

友人に、「もしもこうだったらいいな」というやや妄想的「もしも」を話したら、友人はそれを笑わずに、更にふくらませてくれました。

「もしも」はないのかもしれないけれど、「もしも」を想像することは、すこしだけ抜け道のようなものになるのかもしれないと思いました。

もしこうだったら、もしあっちを選んでいたら、もしその場所に留まっていたらというようなことをぐるぐる考えても、「もしも」は起こり得なくて、この先のこともやっぱり「もしも」なんてないのかもしれないし、同じ瞬間は二度と来ないけれど、なぜかいつも引っかかる、似たようなことにぶつかる気がして、その時に、それまでに「もしも」で広げていたシュミレーションを試すことで、派手に転んでいたのがちょっとよろめくだけで済んだり、いずれ風向きや、心持ちが変わるのかもしれないと思いました。

そして、先のことへの、願望や希望としての「もしも」がどこかにわずかでも残っていれば、なんとかやっていけるものなのかもしれないと思いました。


ブログタイトルはナポレオンの名言 ”人間は、その想像力によって支配される。” を引用  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です