悪い夢を見過ぎたあなたにパプリカを処方します

「ううむ、やはりカレーの海にもぐってカレーに染まらぬものなどおらんのか…」
「あのゴーヤ殿でさえあっさりと苦みを手放したとか…人間達が喜んでおるぞ」
「ナス殿やトマト殿は、夏になれば真っ先にカレーの海に指名されておるしのう」
「噂では、パプリカ殿は他のものとは違うというぞ」
「ほお、パプリカ殿」
「パプリカ殿は、カレー海の一員なっても、その主張は変わらないとか。
人間達も、パプリカ殿だけは口にした瞬間『これはパプリカだ』と意識するらしいぞ」
「他のもの達は自然とカレーの海に同調するのだが…」
「人間達のやり方にもよるのかもしれん」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です