宿題終わってないけど遊びに行きたいから終わったと言うような

言葉を信じ過ぎなのかもしれないと思うことがあります。
言葉にその人やものそれ自体がすっかりあらわれるような気がして
しまっていて、そういう訳でもないと何度も実感しているのに、
どうにも懲りない状態です。

小説や何かでなくとも、ある程度の長い内容を言葉にしてしまうと、もう最初の気持ちや発想を段々と離れて、まるで広告のように、ひとつの作品のようにその何かを磨いたり、こねたり、整形したりして、かっこつけたものになってしまうことがあるような気がします。

自分が発した言葉が、相手がどのように受け取っているのか、それも本当には決して分かり得ないことで、自分の意図と異なる受け止められ方をされる場合もあるはずで、言葉がないから気持ちがないというわけでもないし、けれども言葉にしなければ伝わらないことは多いし、言葉というのは厄介だなと思います。

自分がどのように受け止め解釈するかという部分を調整しながら、何を言葉に変換するか、しないか、どのように変換するかというのを考えながら、今までよりもう少し、言葉と発信元、あるいはその表現の対象とを切り離してみることが必要かもしれないと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です