始まる前から勝負はついていた

出口を探していたような何もかもが、ふとした会話の最中、誰のせいでもない、というところにちょんとぶつかって、誰のせいでもない、ということは出口もないということかもしれない、それはなんて救いようがないことだろうと思いました。

けれども誰のせいでもないということは自分のせいでもなくて、自分のせいだと思ってきたことや、人からそう思われてきたかもしれないことが、誰に気付かれずとも、自分のせいではないのかもしれないと思いました。

だからといって何も変わらないし、いろんなことが手遅れだったりするけれど、ちょっとだけ丸くなったような、楽になったような気分になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です