因数分解

なぜ因数分解をするのか…ググって、下記のページを拝見致しました。

何故因数分解をするのか

なぜか、xの登場する式だと”式=0″のイメージがあって、それを前提とすれば因数分解することでxが求められるから…のようなのですが、何でもかんでもxが入ってたら=0というのは勝手な自分の思い込みでした。その辺りの内容も詳しく書いておられます。
y(x)=式のグラフをイメージすればわかることで、”式=0″はy(x)=0すなわちx軸との交点を表している。
y(x)=式ならば、そのグラフ(図形?)そのものを表している。

ある仮定をして、その結果が仮定と矛盾しなければ仮定が正しいことが証明される…その式が何を意味しているのか、数字以上の何か(グラフ…?)がイメージできる人は、きっと数学の才能があるのだろうなあと思いました。
実際は、さまざまな数学的あれこれがコンピュータも最先端の科学も想像できないほどの色々な物事を支え、発展させているはずなのに、何となく数学とそれ以外のものがなかなかイメージが繋がらないのが悔しいです。

そして、そもそも式ってなんぞやと思い調べているうちにこんなページを見かけました。
【数学】「=」イコールの意味は2つある!意外と混同しがちな記号

ほほほう…。


【参考ウェブサイト】
F_Masterの目
ShareWiss Press

※本記事は、私が用語理解のために書いたものであり、内容や解釈に誤りがある可能性がございます。それらはリンク先のサイト様とは関係なく私の問題ですので、何かありましたらこっそりご指摘頂けましたら幸いですm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です