一方通行中の正しさの濃度が上がると窒息するおそれがございますので、取り扱いにご注意ください

11062

先生は、あいつが先生の悪口言ってるのを知らないんだから。

正しいこと、正しいと思われることで隙間なく埋め尽くされているものに出くわしたとき感じる、もう何も言い返せないような息苦しさ、猛烈な諦めのような感覚。確かにそれは正しいけれど、でもどうか息ぐらいさせてはくれまいか。

何かが正しいと、それ以外は正しくなくなる、そんなものなのだろうか。

あなたの正しさがわたしに適用されて、わたしの正しさがあなたに適用されないのはどうしてなんだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です