ひとりでできるもん

IMG0218144448

先日、思い立って石垣島へ旅に出掛けました。飛行機の乗り方やら二日酔いでのグラスボート、不慣れなことがたくさんの旅でしたが、自分なりにのんびり満喫しました。

自分でも大げさだなあと思いながら、初めてのことは何かにつけて緊張します。しかし実際やってみると簡単だったり、こんな感じなのねとあっさりだったりします。特別なことなんてないし、そうでないことなんてない。全部持っていて、全部知っていて、それに気付くか気付かないか。全てはただ何かを気付かせてくれるもののように思いました。

おいしい食べものもきれいな景色も、ひとりでも味わえるし、発見があるけれど、ことあるごとにあの人この人が浮かぶのでありました。
特別どこかに出掛けなくても、毎日の生活自体が旅をしているようなものなのかもなあと思います。きれいな景色を教えてくれた人、何度も新しい景色を見せてくれる人、いつでも心が落ち着く景色を見せてくれる人。その人に出逢えなかったらきっと知らずにいた感情や気持ちがあります。それを教えてくれた人たちに出逢えたことがありがたいです。

おそらく一度きりの景色、予期せずふいに訪れるきれいな景色があります。そういう景色を目にしたときには、ああ今だけ見ることができる景色なんだな、というのを何となく感じます。
当たり前じゃないと何とはなしに感じながらそれを見る。通り過ぎてしまった後で、多分もっとその価値を知る。もしかしたら人より遅く通り過ぎたからこそ、じっくり味わえることもあるのだろうと思います。今だからこそ、それがどれほど幸せなことか感じられるのかもしれない。

何をしているとかしていないとか、何を持っているとか持っていないとか、何ができるとかできないとか、何を知っているとか知らないとか、どこへ行ったことがあるとか行ったことがないとか、関係ないのかもなあと思いました。
些事が大切ということの意味がわかったような気がしました。
そういうこともある、をひとつずつ増やして、しかるべきときに落ち着いて向き合えるようになりたいです。

IMG0218144506

海や水が青で表現される所以を目の当たりにしました。降り注ぐ日射しと白い砂浜、色鮮やかな花が咲いて蝶々がひらひら。楽園という言葉が浮かぶような景色をたくさん目の当たりにした旅でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です