( )にあてはまる言葉を答えなさい

11092

誰でもいいって言われると、僕のことかと思っちゃうんだ。

−−−

行間を読む、あるいは空気を読む。

読んでみて撤退と判断する、それが正解だったのか、タイミングが悪かったのか。
やってみなければわからないと進む、それで門前払いでもやらなかった後悔よりやった後悔なのか、すっきりすることもあれば「やるだけ無駄」にシフトすることもある。

やってみなければわからない、は痛い目を見ることもあって、対象か自分のどちらかがうっかりだった場合もあるけれど、どちらが悪いか、ではなく単に合わなかった、と思って立ち去る、他に居場所がない程世界は狭くない、はず。

何度か繰り返したら、なんとなく地図が見えてきて、自分がどこにいるかが推測できる。
そこに行きたい、と目指して来た場所と自分の相性が最悪と気付いたときの衝撃たるや。
もっと早く気付きたかった、あるいは見て見ぬ振りをしていた、あるいはまだ最悪と決まったわけじゃない、もう遅過ぎる…

諸々を経由して、受け入れる、これまでの認識の方がズレていたと認める、これがクセものだったりする。
混乱のさなかに深呼吸して、駆け込める交番や道案内がどこかにあると思える、あるいはそれに思い当たるならきっと上々であります。

自分なりの判断をするために経験が必要で、なるべく早いうちにあれこれと経験ができれば、道を随分前まで引き返すことも、選び取れる道もたくさんある。
道を行き過ぎて戻るのが難しそうな場合には、横道を勝手に作る荒技をかましたり、ヒッチハイクしたり、UFOに迎えに来てもらったり…できるかしら。

何のため、を考えて、決められて、時々自分ルールを改定できて、せめてひとりでそれができるようになるまで、やるだけ無駄、を吸い取ってくれる掃除機や空気清浄機的何か、あるいは誰か。そしてその人にとっての掃除機や空気清浄機的何か、あるいは誰か。ぐるぐる。

満点は取れなくて、赤点ギリギリでも、追試でも、合格は合格だと開き直ったら、道行く人の背後霊だって見えるくらいにいろんなものが見える、はず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です